日本ハム1位清宮が最高条件で仮契約「ありがたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本ハムからドラフト1位指名を受けた早実・清宮幸太郎内野手(18)が16日、都内で契約交渉を行い、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円の最高条件で仮契約を終え、会見を行った。

 午後5時6分、会場に姿を現した清宮は、約20台のカメラのフラッシュを浴びながら、笑みを浮かべて登壇した。金びょうぶの前に設置された席に腰を下ろすと、やや緊張の面持ちを浮かべながら代表質問を受けた。「趣のある場所で、緊張感のある中、1社会人としての1つのステップアップが出来たと思います」と仮契約を終えた率直な印象を語った。

 球団の評価については「自分がどれくらいかよく分からない。でも、ドラフト1位で指名していただいた自体で、1番いい評価をいただいてありがたいと思う」と語った。

 今月8日には2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で施設見学にも参加した。「(日本ハムは)育成であったりスカウティングであったり力を入れているのが、施設見学しながら分かった。楽に身をおける」と球団への全幅の信頼を口にした。

 高校歴代最多となる111本塁打を放った清宮は、10月26日のドラフト会議では高校生で史上最多タイとなる7球団の1位競合の末、日本ハムが交渉権を得ていた。清宮はドラフト指名後の会見で「今まで以上に成長できる環境に入れる。いいチームだなっていうイメージがあるのでうれしいです」と話しており、栗山英樹監督についても、メジャー挑戦を表明した大谷翔平投手の二刀流を容認し、育成したこともあり「采配もサプライズが多いなと。枠にとらわれないのがすごく好き。いい監督に巡り合えた」と喜んでいた。その上で「自分は本当にメジャーリーグでやりたいと思っている。まだ何も残していないが、夢は夢としてある。そこに向かって、着実に目の前のことをやっていきたい」と大リーグ挑戦の夢も語っていた。(金額は推定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 歩行者や自転車などが高速道路に誤って進入するトラブルが昨年度3678件あり、5年前よりも約4割増えて…
  2. よく見慣れた景色でも、ひとたび視点を変えれば、違ったものに見えてくる。ランバラックさん(Rambal…
  3. 9月25日にたつき監督が、アニメから「けものフレンズ」の制作から外れることを自身のTwitterで発…
  4. サーモンの切り身を買ってきて、直火かオーブンで焼き始めると、表面に白いものが浮き出てくるのを見たこと…
  5. アパレル通販サイト「ZOZOTOWN」で10月1日より行われていた、購入者が送料を自由に決められる「…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 日本ハムからドラフト1位指名を受けた早実・清宮幸太郎内野手(18)が16日、都内で契約交渉を行い、契…
  2.  【モントリオール=共同】体操の世界選手権は2日、モントリオールで開幕して男子予選が行われ、6種目合…
  3. 9月3日に婚約内定会見を行った、秋篠宮家の眞子さまと婚約者の小室圭さん。現在法律事務所で勤務している…
ページ上部へ戻る