1万年前に絶滅のライオン、冷凍状態で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 約1万年前に絶滅したとされる大型動物「ホラアナライオン」の子供3頭が、冷凍状態でシベリアの永久凍土から見つかり、ロシア・サハ共和国極地動物研究所、東京慈恵医大などによる日露共同の研究チームが解析結果を発表した。

 ホラアナライオンは、ユーラシア大陸などに生息していた動物で、今のライオンよりも一回り大きい。

 チームによると、冷凍状態の個体は、ロシア極東のサハ共和国で見つかった。2015年夏に赤ちゃんとみられる体長40センチほどの個体2頭が発見され、さらに今年9月に2頭よりも大きい体長約47・5センチの個体が1頭見つかった。3頭とも筋肉や毛が残っていた。毛はライオンよりも多めで、模様らしい黒っぽい部分もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 可愛くてホッコリする動画がとどきました! 生後3週間の子猫ちゃんのベン君。 自分…
  2. アメリカのドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは、医療保険大手のエトナ(Aetna)の買収…
  3. 岐阜県関市で毎年開催される「刃物まつり」。 昭和43年からスタートして、今年で50回目と なる節…
  4. 画像は山下いくとさんTwitterより   もしも、あと時「人類補完計画が発動していなか…
  5. スマートウォッチは時計としての機能はもちろんのこと、 スマホと連携させ、電話やLINEの通知の確認…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. むむ? 画面左上に表示されたこのアイコンが「トイレに座った男」にしか思えなかったそうです。 [画…
  2. アパレル通販サイト「ZOZOTOWN」で10月1日より行われていた、購入者が送料を自由に決められる「…
  3. 電磁パルス攻撃は「現実の脅威」  「一発の核爆弾が我が国上空のはるかな高さで爆発することで、電力供…
ページ上部へ戻る