1万年前に絶滅のライオン、冷凍状態で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 約1万年前に絶滅したとされる大型動物「ホラアナライオン」の子供3頭が、冷凍状態でシベリアの永久凍土から見つかり、ロシア・サハ共和国極地動物研究所、東京慈恵医大などによる日露共同の研究チームが解析結果を発表した。

 ホラアナライオンは、ユーラシア大陸などに生息していた動物で、今のライオンよりも一回り大きい。

 チームによると、冷凍状態の個体は、ロシア極東のサハ共和国で見つかった。2015年夏に赤ちゃんとみられる体長40センチほどの個体2頭が発見され、さらに今年9月に2頭よりも大きい体長約47・5センチの個体が1頭見つかった。3頭とも筋肉や毛が残っていた。毛はライオンよりも多めで、模様らしい黒っぽい部分もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 甲子園の熱い夏が終わりました。そのグラウンドを見つめ続けた一人の男の涙が、多くの人の心を捉えたことを…
  2. ロボット技術が進化し、様々なロボットが制作され 現場で活躍することが多くなっている現在。 &nb…
  3. 開店当日の朝、ヤマダ電機の山田昇会長は店舗を担当する三嶋恒夫副社長に電話で檄を飛ばした。「客数は改装…
  4. ホンダは9日、コイン駐車場などで車を借りられるカーシェアリングの特長を持った会員制レンタカーサービス…
  5. Copyright ©2017 NISSIN FOODS HOLDINGS CO.,LTD. All…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. ファミリーレストラン大手のロイヤルホールディングスは6日、飲食代の支払いをクレジットカードや電子マネ…
  2. 居酒屋に入店してすぐ、オーダーを取りに来た店員に「お水をください」という客、喫茶店なのに「私は注文し…
  3. [ニューヨーク 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - デンマークの玩具メーカー、レゴ・グ…
ページ上部へ戻る