1万年前に絶滅のライオン、冷凍状態で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 約1万年前に絶滅したとされる大型動物「ホラアナライオン」の子供3頭が、冷凍状態でシベリアの永久凍土から見つかり、ロシア・サハ共和国極地動物研究所、東京慈恵医大などによる日露共同の研究チームが解析結果を発表した。

 ホラアナライオンは、ユーラシア大陸などに生息していた動物で、今のライオンよりも一回り大きい。

 チームによると、冷凍状態の個体は、ロシア極東のサハ共和国で見つかった。2015年夏に赤ちゃんとみられる体長40センチほどの個体2頭が発見され、さらに今年9月に2頭よりも大きい体長約47・5センチの個体が1頭見つかった。3頭とも筋肉や毛が残っていた。毛はライオンよりも多めで、模様らしい黒っぽい部分もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国、杭州に住むAI技術者が結婚をした。 それ自体は大変喜ばしいことではあるが、彼と結婚した相手は…
  2. 2017年9月26日、メジャーリーグベースボール(MLB)の公式ツイッターが1本のムービーをアップし…
  3. 誰もが持ってるスマートフォン、当然同じ機種、同じ色を持ってる人がいるはず。 みんな…
  4. スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が13日発表され、日本のベンチャー企…
  5. ◇「JASRACは納得いく説明を」  著作権の発生する楽曲をバーで流しながら著作権使用料を…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が13日発表され、日本のベンチャー企…
  2. スマホゲーム「ポケモンGO」を1カ月以上続けてプレーした労働者は心理的ストレスが減ったという調査結果…
  3. [ニューヨーク 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - デンマークの玩具メーカー、レゴ・グ…
ページ上部へ戻る