1万年前に絶滅のライオン、冷凍状態で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 約1万年前に絶滅したとされる大型動物「ホラアナライオン」の子供3頭が、冷凍状態でシベリアの永久凍土から見つかり、ロシア・サハ共和国極地動物研究所、東京慈恵医大などによる日露共同の研究チームが解析結果を発表した。

 ホラアナライオンは、ユーラシア大陸などに生息していた動物で、今のライオンよりも一回り大きい。

 チームによると、冷凍状態の個体は、ロシア極東のサハ共和国で見つかった。2015年夏に赤ちゃんとみられる体長40センチほどの個体2頭が発見され、さらに今年9月に2頭よりも大きい体長約47・5センチの個体が1頭見つかった。3頭とも筋肉や毛が残っていた。毛はライオンよりも多めで、模様らしい黒っぽい部分もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。  人…
  2. 立ち入り禁止と書いてあったら誰でも一度は入りたくなってしまう気持ちがあるんではないで…
  3. ネット通販の大手Amazonが、Goo車検と 提携し車検サービスを取り扱う「車検ストア」をスタート…
  4. 電車に乗って、ついつい寝てしまう経験ありませんか。 一駅寝るつもりが、寝すぎて終点…
  5. 「えー。。。いつの間にか私ボーカルー!!!!!」 タレントのギャル曽根が10月23日にブログを更新…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 今月初旬に活動休止を表明したアイドルユニット「タッキー&翼」の今井翼(35)が、ジャニーズ事務所の次…
  2.   モバイルバッテリーが周辺機器を取り扱う Ankerから8月14日(月)に …
  3. それはタダの飴じゃない。 中身を覗いてみると、叫ぶゾンビの顔が、、 …
ページ上部へ戻る