ゲート通れば精算、レジも不要…次世代コンビニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。

 人件費削減や、人手不足の解消、販売戦略の強化などが狙いだ。

 東京都港区にあるオフィスビルの一角。ローソンが大手電機メーカーの協力を得て、10月に開設した実験施設では、電子タグを利用した最新技術の実用化に向けた実験が重ねられている。

 顧客に見立てた社員が、電子タグがついた総菜や菓子などの商品を、買い物バッグに放り込む。出入り口の自動精算ゲートを通ると、電子タグの情報を電波でキャッチ。スマートフォンのアプリ上で支払いが行われ、レシートが送られてきた。

 電子タグは小型のICチップとアンテナを内蔵した荷札だ。バーコードのように1点ずつ読み取る必要がなく、印字面を探す必要もない。一部の小売業ではレジで導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 電車に乗って、ついつい寝てしまう経験ありませんか。 一駅寝るつもりが、寝すぎて終点…
  2. 日本全国には沢山の自販売機があり、飲料、 タバコ、食べ物など様々な自販機が設置され…
  3. 出典:HUFFPOST:メルカリで読書感想文が数百円で買える 母親「一緒にやる時間がない」 夏休み…
  4. 神戸市内で任侠山口組の織田絆誠代表が山健組の襲撃を受けた事件で、「あれっ?」と首をひねった人もいるだ…
  5. サーモンの切り身を買ってきて、直火かオーブンで焼き始めると、表面に白いものが浮き出てくるのを見たこと…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. PCの最適化ツールとして人気の高いクリーンソフト「CCleaner」。 andro…
  2. カップラーメンの上に玉子を入れてその上からお湯をかける! 濃い目の味に玉子のまろやかさが上手くマッ…
  3. ホンダは9日、コイン駐車場などで車を借りられるカーシェアリングの特長を持った会員制レンタカーサービス…
ページ上部へ戻る