ゲート通れば精算、レジも不要…次世代コンビニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。

 人件費削減や、人手不足の解消、販売戦略の強化などが狙いだ。

 東京都港区にあるオフィスビルの一角。ローソンが大手電機メーカーの協力を得て、10月に開設した実験施設では、電子タグを利用した最新技術の実用化に向けた実験が重ねられている。

 顧客に見立てた社員が、電子タグがついた総菜や菓子などの商品を、買い物バッグに放り込む。出入り口の自動精算ゲートを通ると、電子タグの情報を電波でキャッチ。スマートフォンのアプリ上で支払いが行われ、レシートが送られてきた。

 電子タグは小型のICチップとアンテナを内蔵した荷札だ。バーコードのように1点ずつ読み取る必要がなく、印字面を探す必要もない。一部の小売業ではレジで導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. スマートウォッチは時計としての機能はもちろんのこと、 スマホと連携させ、電話やLINEの通知の確認…
  2. マンガ「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」 「地獄甲子園」などで知られる、 漫☆画太郎先生が9…
  3. PCの最適化ツールとして人気の高いクリーンソフト「CCleaner」。 andro…
  4. 2017年9月26日、メジャーリーグベースボール(MLB)の公式ツイッターが1本のムービーをアップし…
  5. ギャンブルをやめられない「ギャンブル依存症」が疑われる成人(75歳未満)が全国に約320万人(3・6…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 出典:松屋、楽天で出前サービス開始 都内6区で 9月11日からフードデリバリーサー…
  2. 時間に追われる毎日、休息の時間を作れていますか。 忙しい中でタバコとコーヒーだけで済ませることが …
  3.  AJAX(アイアス、本社:山形県山形市)は、健康管理をサポートするスマートベルト「WELT」を、2…
ページ上部へ戻る