ゲート通れば精算、レジも不要…次世代コンビニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。

 人件費削減や、人手不足の解消、販売戦略の強化などが狙いだ。

 東京都港区にあるオフィスビルの一角。ローソンが大手電機メーカーの協力を得て、10月に開設した実験施設では、電子タグを利用した最新技術の実用化に向けた実験が重ねられている。

 顧客に見立てた社員が、電子タグがついた総菜や菓子などの商品を、買い物バッグに放り込む。出入り口の自動精算ゲートを通ると、電子タグの情報を電波でキャッチ。スマートフォンのアプリ上で支払いが行われ、レシートが送られてきた。

 電子タグは小型のICチップとアンテナを内蔵した荷札だ。バーコードのように1点ずつ読み取る必要がなく、印字面を探す必要もない。一部の小売業ではレジで導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1.  ファストファッションブランド「フォーエバー 21(FOREVER 21)」が、日本1号店である原宿…
  2. 「時間が無い」、「時間が足りない」と感じることは頻繁にあると思います。作成しなくてはならない資料、読…
  3. ファミリーレストラン大手のロイヤルホールディングスは6日、飲食代の支払いをクレジットカードや電子マネ…
  4. 立ち入り禁止と書いてあったら誰でも一度は入りたくなってしまう気持ちがあるんではないで…
  5. 1992年にスイスで撮影されたと思しきエイリアン映像がリークされたとのニュースが舞い込んできた。同映…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. クラウドファンディングで沸騰中の、「防水多機能型バックパック」Georiemのご紹介です。 ビジネ…
  2. アウトドア・レジャーで活躍するテント、 ここ数年では自宅でネットカフェの気分を味わえる一人用のテント…
  3. 陸上男子100メートルで、桐生祥秀選手(21)(東洋大)が日本人で初めて10秒の壁を破り、9秒98の…
ページ上部へ戻る