「女性ファースト」の出会い系アプリ、500億円の買収話を拒絶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「マッチングが成立したら24時間以内に女性の側からメッセージを送るのがマスト。そうしないとマッチングが無効になる」という型破りなスタイルで知られる出会い系アプリが「Bumble(バンブル)」だ。

そのBumbleがMatch Groupによる4億5000万ドル(約492億円)の買収提案を断っていたことが明らかになった。Match Groupの傘下には「Match.com」や「Tinder(ティンダー)」、「OKCupid」といったBumbleの競合と呼ぶべきサービスが多数ある。Match Groupは約2ヶ月前にBumbleにアプローチを行ったとの情報をフォーブスは関係筋から入手した。

競争が激化するマッチングアプリ市場でBumbleは「女性ファースト」のスタイルで、他社と差別化を図り、そのブランドを確立した。一般的なデートアプリとは違い、女性側に最初のアクションが求められるという独特のルールで、迷惑メッセージを送りつける男性を排除し、女性が安心して使えるサービスを作りあげたのだ。

関係筋によるとBumbleは4億5000万ドルという金額に不満を表明したという。Match Groupの広報担当は「噂や憶測にはコメントしない」と述べた。Bumble側も「コメントは避ける」と述べた。

創業者は元Tinderの女性幹部

しかし、仮にこの買収話が成立していたら、Bumbleの創業者でCEOのホイットニー・ウルフにとって非常に感慨深い事態になっていたはずだ。2012年、当時22歳だったウルフは仲間たちとTinderを共同創業した。彼女はマーケティング部門の責任者としてTinderの人気をバイラルで拡大し、同社の成長に貢献した。

2014年にTinderを去ったウルフは、同僚や上司から「セクハラ被害に遭った」と申し立て、TinderやMatch.com、その親会社のIACを訴えた。Tinder側はすみやかに和解金を支払い、当時の広報責任者のジャスティン・マティーンを停職処分に、CEOのショーン・ラッドを謹慎処分にした(その後、ラッドはTinderの会長に就任している)。

IAC側はウルフの申し立てに対し、彼女の元同僚が「不適切なメッセージ」をウルフに送ったことは認めたが、TinderのCEOやIAC側に落ち度は無かったと述べていた。

ウルフは2014年12月にBumbleを立ち上げたが、マネタイズを開始したのは昨年の後半になってからだった。現在、Bumbleはブースト機能の「Bumble Boost」を30日間9.99ドル(日本向けには1080円)で提供している。

Bumbleは今年の春にデート相手ではなく友達を見つける機能の「BumbleBFF」を追加した。今秋にはビジネスネットワーキング機能の「BumbleBizz」の導入も予定している。

現在28歳のウルフは、2017年のフォーブスの30アンダー30(30歳未満の重要人物)のコンシューマーテクノロジー部門に選出されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 人を幸せにすると言われるチョコレート。 そして幸福の象徴とされる青色。 その2つ…
  2. 電車に乗って、ついつい寝てしまう経験ありませんか。 一駅寝るつもりが、寝すぎて終点…
  3. 電車に乗りながら何かを食べた経験はありませんか? 飴やガムなどは日常茶飯事ではありますが、ふと、おに…
  4. ハーゲンダッツが9月9日に渋谷MODIで 無料のサンプリングイベント 「「パンプキン男子 VS …
  5. 大手携帯各社から新モデルの発表もあり、今期もまたいくつかの新しいスマートフォンがリリースされます。 …
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 歩行者や自転車などが高速道路に誤って進入するトラブルが昨年度3678件あり、5年前よりも約4割増えて…
  2. 買い物をする時にクレジットカードを利用することはないだろか、最近ではコンビニやスーパーでもクレジット…
  3. 毎週土曜日TBS「王様のブランチ」で 2007年から2月からレポーターをしていた、 タレントの鈴…
ページ上部へ戻る