勝てない!?ぱちんこ出玉規制へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

警察庁は7月10日、ギャンブル依存症対策として、

来年2月からパチンコの出玉を現行の3分の2程度に

制限する方針を発表した。

 

現在は平均遊技時間である4時間で、最大約10万円分の

出玉を出すことが出来るが、その出玉を5万円以下するというもの。

 

内容としては

1回の大当たりの出玉が2400発出ていたのが、1500発へ。

大当たり確率も1/319から1/299へ引き下げ、

継続率を時短(チャンスタイム)の引き戻しこみで65%でなる。

 

これにより大当たりやすくなるが、出玉規制されるため

ユーザーは負けやすくなったともとれる。

 

このニュースを発表によりファンからは、

「勝てない」、「ぱちんこ終了」などコメント多くでていた。

 

 

この規制により、今ある「ルパン三世」「GARO」

「北斗の拳」なのどの人気タイトルも規制の対象に

入ってくると思われます。

 

また、封入式パチンコ(お店側で釘の調整ができず、

スロットのようにお店側で大当たりの確率を6段階に設定する)

が導入される話が現実味を帯びてきている状態です。

 

更にパチンコ業界が厳しい状態になってくると思われます。

今後の動向に注目して見ていく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1.  ヤマト運輸が年末に働くアルバイトの運転手を確保するため、神奈川県の一部地域で2016年より500円…
  2. スポーツ報知  歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が26日朝、「麻央との時間」のタイトルで自身のブログ…
  3. フジテレビ系の人気TVアニメ「ドラゴンボール超」(日曜・前9時)でブルマ役を演じた声優・鶴ひろみさん…
  4. 歩行者や自転車などが高速道路に誤って進入するトラブルが昨年度3678件あり、5年前よりも約4割増えて…
  5. 一般企業はもとより、マスコミ関係でも経費削減の波は容赦なく押し寄せているようで…。テレビ業界の中の人…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 開店当日の朝、ヤマダ電機の山田昇会長は店舗を担当する三嶋恒夫副社長に電話で檄を飛ばした。「客数は改装…
  2. 出典:「今年の抱負」だけでは意味がない!習慣化を実現する3つのアプリ …
  3. 国税庁は11月1日に開かれた政府税制調査会で、2019年1月からスマートフォン(以下、スマホ)で確定…
ページ上部へ戻る