サーモンを焼くと出てくる“白いアレ”の正体は……?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サーモンの切り身を買ってきて、直火かオーブンで焼き始めると、表面に白いものが浮き出てくるのを見たことがあるはず。あれっていったい何だか知ってる? 今さらだけど、食べていいものなのか、安全なのか、ちょっと心配になってきたでしょ? どうかみなさん、安心して。サーモンから出てくるアレ、人体には無害です。

この白いものの正体は、アルブミンと呼ばれるタンパク質の一種。ベトベトしているけれど、脂肪ではないらしい。TV番組「アメリカズ・テスト・キッチン」によると、サーモンを60~65℃程度まで加熱すると、中の水分が表面に出てきて、それが冷えて白く固まったものがアルブミンなのだそう。アラスカ州フェアバンクスにある「アラスカ大学」のシーフード科学科ドナルド・クレイマー教授も、「食べてもまったく害はありません」と「アメリカズ・テスト・キッチン」に語っている。このアルブミン、調理方法を変えてもどうしても出てきてしまうものらしいけれど、それでも避けたいと思うなら、次の2つの方法をトライしてみて。

1. サーモンを塩水に浸ける方法。水1カップに小さじ1の塩を加えた塩水に、調理前のサーモンを10分間、浸けるだけ。これで、表面に出てくるアルブミンを最小限に抑えられるそう。

2. サーモンを低温でじっくり焼くこと。中に少し火が通ったら一度下ろし、しばらく予熱で温めるという方法を、マーサ・スチュワートさんが推奨している。ただし、必ずしも成功するとはいえないそうで、「アメリカズ・テスト・キッチン」によると、焼く温度をどう変えても少量のアルブミンが出てきてしまうのだとか。

どうやらこの白い物質とは、これからもずっと付き合っていくしかないみたい。

original text : Michael Sebastian translation : Rubicon Solutions, Inc cooperation : Yuko Ehara

※この記事は、海外のサイト US版『カントリーリビング』で掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2009年7月からお台場・潮風公園に登場した 実物大の「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.…
  2. 出典:HUFFPOST:メルカリで読書感想文が数百円で買える 母親「一緒にやる時間がない」 夏休み…
  3. スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が13日発表され、日本のベンチャー企…
  4.  大型再開発を手掛ける森ビルなどは8日、ビル内を自動走行する宅配ロボットがエレベーターを使って書類を…
  5. マンガ「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」 「地獄甲子園」などで知られる、 漫☆画太郎先生が9…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. カップラーメンの上に玉子を入れてその上からお湯をかける! 濃い目の味に玉子のまろやかさが上手くマッ…
  2. 2017年1~3月に放送されるやいなや、一気に全国的な人気となったアニメ「けものフレンズ」。すでにそ…
  3. フォースを鍛えるのではなく、筋力を鍛える。 ボバ・フェット、ダース・ヴェイダー、 …
ページ上部へ戻る