サーモンを焼くと出てくる“白いアレ”の正体は……?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サーモンの切り身を買ってきて、直火かオーブンで焼き始めると、表面に白いものが浮き出てくるのを見たことがあるはず。あれっていったい何だか知ってる? 今さらだけど、食べていいものなのか、安全なのか、ちょっと心配になってきたでしょ? どうかみなさん、安心して。サーモンから出てくるアレ、人体には無害です。

この白いものの正体は、アルブミンと呼ばれるタンパク質の一種。ベトベトしているけれど、脂肪ではないらしい。TV番組「アメリカズ・テスト・キッチン」によると、サーモンを60~65℃程度まで加熱すると、中の水分が表面に出てきて、それが冷えて白く固まったものがアルブミンなのだそう。アラスカ州フェアバンクスにある「アラスカ大学」のシーフード科学科ドナルド・クレイマー教授も、「食べてもまったく害はありません」と「アメリカズ・テスト・キッチン」に語っている。このアルブミン、調理方法を変えてもどうしても出てきてしまうものらしいけれど、それでも避けたいと思うなら、次の2つの方法をトライしてみて。

1. サーモンを塩水に浸ける方法。水1カップに小さじ1の塩を加えた塩水に、調理前のサーモンを10分間、浸けるだけ。これで、表面に出てくるアルブミンを最小限に抑えられるそう。

2. サーモンを低温でじっくり焼くこと。中に少し火が通ったら一度下ろし、しばらく予熱で温めるという方法を、マーサ・スチュワートさんが推奨している。ただし、必ずしも成功するとはいえないそうで、「アメリカズ・テスト・キッチン」によると、焼く温度をどう変えても少量のアルブミンが出てきてしまうのだとか。

どうやらこの白い物質とは、これからもずっと付き合っていくしかないみたい。

original text : Michael Sebastian translation : Rubicon Solutions, Inc cooperation : Yuko Ehara

※この記事は、海外のサイト US版『カントリーリビング』で掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. JR夜行高速バス「ドリーム ルリエ」が大阪の街ナカを走行。横山由依さんと山本 彩さんが乗車しました。…
  2. 日テレ 新アシスタント②滝菜月アナ決定! 水卜麻美アナの後任発表ドッキリ!衝撃の未…
  3. ハイパーミッドナイトアクションホラーアクション牙狼<GARO>。 スピンオフ作品も含め数々のシリー…
  4. スポーツ報知 9/2(土) 13:05配信 公式戦初の連敗を喫し、ガックリとうなだれる藤井聡太四段…
  5. 忙しい日常のなかで、"自分自身"のことについてじっくり考える時間を持つことはなかなか困難。考えられた…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 新学期が始まりました。夏休みならではの体験を経て、お子さんの成長を実感している保護者も多いことで…
  2. 一般企業はもとより、マスコミ関係でも経費削減の波は容赦なく押し寄せているようで…。テレビ業界の中の人…
  3. 今年の日本テレビ系『24時間テレビ40』(8月26、27日放送)でチャリティーパーソナリティーを務め…
ページ上部へ戻る