桐生祥秀、日本人初の100m9秒台…9秒98

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

陸上男子100メートルで、桐生祥秀選手(21)(東洋大)が日本人で初めて10秒の壁を破り、9秒98の日本新記録(記録は速報値)を出しました。桐生選手のこれまでの歩みを振り返ります。(年齢や肩書などは当時)

陸上の日本学生対校選手権が9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀(21)(東洋大)が日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98の日本新記録を樹立して優勝した。

 風は記録が公認される追い風1.8メートル。従来の日本記録は伊東浩司が1998年バンコク・アジア大会で出した10秒00で、世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が2009年世界選手権ベルリン大会で記録した9秒58。

 滋賀県出身の桐生は、京都・洛南高3年だった2013年4月、10秒01をマーク。東洋大に進んだ14年には、日本選手権100メートルで初優勝。16年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレーでは第3走者を務め、日本の銀メダル獲得に貢献した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017年1~3月に放送されるやいなや、一気に全国的な人気となったアニメ「けものフレンズ」。すでにそ…
  2. 2017年9月26日、メジャーリーグベースボール(MLB)の公式ツイッターが1本のムービーをアップし…
  3.  ネット上でハッカーが売買している情報を登録し、自分のメールアドレスが漏洩していないかすばやくチェッ…
  4. 急にお腹が痛くなってトイレに駆け込みなんとか間に合ったけど、 ふと見ると”トイレットペーパーがない…
  5. 2018FIFAワールドカップ ロシア出場を目指す日本代表は、現在アジア最終予選を戦っている。アジア…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 毎週土曜日TBS「王様のブランチ」で 2007年から2月からレポーターをしていた、 タレントの鈴…
  2. 街を歩いてると、必ずと言っていいほど人が身につけているバック。 持…
  3. 岐阜県関市で毎年開催される「刃物まつり」。 昭和43年からスタートして、今年で50回目と なる節…
ページ上部へ戻る