日本の「人口時限爆弾」との向き合い方:海外からは奇妙に見えるものも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本の人口は、かつてないスピードで減少している。そして、低い出生率と高齢化の進展により、若い労働力を失いつつある。

経済学者はこのような状況を「人口時限爆弾」と呼んでいる。景気低迷と人口減少の悪循環を生み出すからだ。

人口時限爆弾と向き合うためのさまざまな取り組み。海外から見ると「クリエイティブ」と映るようだ。そして奇妙にも。

政府が婚活イベントを支援

日本政府は、ここ数年、全国各地で開催される婚活イベントを支援している。

参加者は複数の相手と出会い、お互いに気に入れば、最終的に結婚し、子どもを持つことを期待されている。

会話が気まずくなってしまったら、「結婚推進委員」が場を取り持ってくれる。

独身男性のための「イクメン」授業

大阪の企業が始めた「イクメン大学」は、父親になるためのカリキュラムを提供している。生徒は「妊婦体験ジャケット」を着て、母親の大変さを認識したり、赤ちゃんの人形のオムツを替えたりする。

「イクメン」は、積極的に育児に取り組む男性を指す言葉で、広告代理店が作ったとされる。

イクメン大学の狙いは、独身男性同士のつながりと、大人としての成長を感じてもらい、以前より「できる男」になったと感じてもらうことだ。

シニアスタッフの負担軽減のためのパワースーツ

羽田国内線ターミナルを運営する日本空港ビルデングは、ロボット技術会社サイバーダインと提携し、同社が開発したロボットスーツをスタッフに着用させている。同スーツは、荷物の積み込みなどの作業の負担を軽減することができる。

正式名称は「HAL作業支援用(腰タイプ)」。文字通り腰に装着して使用するもので、筋肉から送られる電気信号をセンサーで読み取り、動作を補助する。同スーツを装着すれば、体重約50キロの人でも、20キロのスーツケースを軽々と持ち上げられるようになる。

パワースーツのほかに、掃除用ロボットや最大約180キロの荷物を運搬できるロボットも活躍している。

老人ホーム化する刑務所

現在、日本における犯罪の約5分の1は、高齢者によるもの。そのほとんどは軽い窃盗や万引きだ。

高齢者の犯罪率の上昇によって、刑務所は事実上老人ホーム化してしまった。刑務官は受刑者の入浴や着替えの介助を強いられている。専門家は再犯率を低下させるには、刑務所の環境が快適すぎるとの見解を示している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 出典:写真AC 日々の生活で迷ったすることはありませんか? 例えば・・ ・お店…
  2. 陸上男子100メートルで、桐生祥秀選手(21)(東洋大)が日本人で初めて10秒の壁を破り、9秒98の…
  3.  約1万年前に絶滅したとされる大型動物「ホラアナライオン」の子供3頭が、冷凍状態でシベリアの永久凍土…
  4. 度々巻き込まれる、ご近所トラブル。 騒音、ペットの鳴き声、ゴミ屋敷、 違法駐車な…
  5. [ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は12…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. クラウドファンディングで沸騰中の、「防水多機能型バックパック」Georiemのご紹介です。 ビジネ…
  2. 出典:HUFFPOST:メルカリで読書感想文が数百円で買える 母親「一緒にやる時間がない」 夏休み…
  3. 現在ネット上で、「ディストピア飯」が静かなブームを見せています。いずれ訪れるかもしれない過度な管理社…
ページ上部へ戻る