漫☆画太郎先生最新作、「あの人気漫画」そっくり。まさかの初回打ち切り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マンガ「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」

「地獄甲子園」などで知られる、

漫☆画太郎先生が9月16日発売の

週刊少年ジャンプ42号に、新連載を開始した。

 

22年ぶりの新作となる「珍ピース」ですが、

絵を見てみると同じ週刊少年ジャンプの

人気漫画『ONE PIECE』のキャラクターが描かれている。

 

漫画の冒頭もワンピースと酷似しており、

「富・名声・力 かつてこの世の全てを手に入れた男

“海賊王”ゴールド・ロジャー」とどこかで見た気がする

海賊王の処刑シーンからスタート。

 

「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ……探してみろ 

この世の全てをそこに置いてきた」とロジャーが語るという

お馴染みのシーンも、顔が漫☆画太郎先生の作風で

書かれおり忠実に再現?されている。

 

この掲載は編集部の手違いによってボツ原稿を

掲載起こってしまったとのこと。

 

それに対し編集部は

読者の皆さまにおわび申し上げます。

『珍ピース』はここで打ち切りとさせていただきます。

漫☆画太郎先生の次回作にご期待ください

とわずか3Pでの打ち切りを発表した。

 

3Pで打ち切りになる連載は、以前8週で打ち切りとなった

『ボボボーボ・ボーボボ』の澤井啓夫の

「チャゲチャ」よりも早く、ジャンプ史上最速での打ち切りとなる。

 

引用:漫☆画太郎、渾身の“新連載”「珍ピース」で22年ぶりジャンプ登場も3Pで打ち切り

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 創刊者で自らもその生き様を体現したヒュー・ヘフナーが91歳で死去した 米男性誌「プレイボーイ」を創…
  2. フジテレビのニュースメディア「ホウドウキョク」がリニューアル1周年を記念して、新感覚のニュース漫画「…
  3. 任天堂がスーバーファミコンの名作21種類が入ってる 「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン…
  4.  オンデーズは、同社の採用枠として新たに「インフルエンサー採用枠」を設置。一定の基準と審査を通過した…
  5. 2018FIFAワールドカップ ロシア出場を目指す日本代表は、現在アジア最終予選を戦っている。アジア…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 日本全国には沢山の自販売機があり、飲料、 タバコ、食べ物など様々な自販機が設置され…
  2.  驚きの「おせち料理」が登場しました。  「こちらのおせち、お重が21段と、高さ117センチありま…
  3. ランチパックなどのおなじみの商品を本物そっくりに描くアーティスト、polkaさんさんによる作品がSN…
ページ上部へ戻る