ない機能は自分でプログラミング。スマートウォッチ「watchX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スマートウォッチは時計としての機能はもちろんのこと、

スマホと連携させ、電話やLINEの通知の確認ができます。

 

今では電子マネーに対応していて、スマートウォッチを

かざすだけで改札を通過できたり、買い物がスマホを

出さず行うことができます。

 

こういった便利はスマートウォッチですが、

自分の使いたいアプリを探すのはなかなか大変。

 

見つけたとしても、

「この機能がほしい」「もっとこうできたらいいのに」

と思うこともあるはず。

 

ないなら作ってしまえばいいんじゃないか、

それを実現させるのがArduinoベースの

スマートウォッチプラットフォーム「watchX」です。

 

これは自分が欲しい機能があるならば、

開発してスマートウォッチに搭載することができます。

 

watchXは1.3インチ(128×64ピクセル)の

有機ELディスプレイを搭載するウェアラブル端末です。

 

USBケーブルを使ってPCとwatchXを接続、

Arduino・Scratch互換性があるので、Arduino IDEを

使用してプログラミンできる他、GUIでも利用可能となっている。

 

教育の現場でも自分専用のスマートウォッチの

プログラムを作る過程で、プログラミングや

デザインを学ぶことができるので、教育の分野でも期待が持てます。

 

watchXにはケースが付いていなくて、

3Dデータで専用ケースが呈上されるので、

3Dプリンタを使って作ることができます。

 

使う用途は様々

フィットネスやトレーニング、サイクリング、

自分のやりたい用途に合わせてプログラムを書いてください。

 

最初から、ブロック崩しやレースゲームが入っていますし、

自作ゲームを作って「watchX」で遊ぶこともできます。

現在発売されているスマートウォッチに比べると、

プログラムが組める分シンプルな作りなっていると感じます。

 

今後コードとライブラリが提供される予定とのこと。

 

プログラムを組める方には面白いスマートウォッチ

ではないでしょうか。

 

自分でコードを書いてプログラム可能なウェアラブル端末

プラットフォーム「watchX」は、量産化を目指して

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。

https://www.indiegogo.com/projects/watchx-wearable-development-platform-arduino/

 

出典:自分でプログラムできるArduino/Scratch互換のスマートウォッチ「watchX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。  人…
  2. リーズナブルにら食べれて、お腹もたまる。 そんなファーストフードのマクドナルドで …
  3. ロボットやAIの発達により、今現在人が行っている 仕事をロボットが担いはじめているが、 歯医者の…
  4.  ネット上でハッカーが売買している情報を登録し、自分のメールアドレスが漏洩していないかすばやくチェッ…
  5. 突然、appleから こんなメールが届いたらどうしますか? …
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 「米女子ゴルフ・エビアン選手権・最終日」(17日、エビアン・リゾートGC=パー71) 現役最後の試…
  2. 今、セレブの間ではビタミンを吸うという新感覚な 「 VITA’CCI(ビタッチ)」という電子タバコ…
  3. ホンダは9日、コイン駐車場などで車を借りられるカーシェアリングの特長を持った会員制レンタカーサービス…
ページ上部へ戻る