ない機能は自分でプログラミング。スマートウォッチ「watchX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スマートウォッチは時計としての機能はもちろんのこと、

スマホと連携させ、電話やLINEの通知の確認ができます。

 

今では電子マネーに対応していて、スマートウォッチを

かざすだけで改札を通過できたり、買い物がスマホを

出さず行うことができます。

 

こういった便利はスマートウォッチですが、

自分の使いたいアプリを探すのはなかなか大変。

 

見つけたとしても、

「この機能がほしい」「もっとこうできたらいいのに」

と思うこともあるはず。

 

ないなら作ってしまえばいいんじゃないか、

それを実現させるのがArduinoベースの

スマートウォッチプラットフォーム「watchX」です。

 

これは自分が欲しい機能があるならば、

開発してスマートウォッチに搭載することができます。

 

watchXは1.3インチ(128×64ピクセル)の

有機ELディスプレイを搭載するウェアラブル端末です。

 

USBケーブルを使ってPCとwatchXを接続、

Arduino・Scratch互換性があるので、Arduino IDEを

使用してプログラミンできる他、GUIでも利用可能となっている。

 

教育の現場でも自分専用のスマートウォッチの

プログラムを作る過程で、プログラミングや

デザインを学ぶことができるので、教育の分野でも期待が持てます。

 

watchXにはケースが付いていなくて、

3Dデータで専用ケースが呈上されるので、

3Dプリンタを使って作ることができます。

 

使う用途は様々

フィットネスやトレーニング、サイクリング、

自分のやりたい用途に合わせてプログラムを書いてください。

 

最初から、ブロック崩しやレースゲームが入っていますし、

自作ゲームを作って「watchX」で遊ぶこともできます。

現在発売されているスマートウォッチに比べると、

プログラムが組める分シンプルな作りなっていると感じます。

 

今後コードとライブラリが提供される予定とのこと。

 

プログラムを組める方には面白いスマートウォッチ

ではないでしょうか。

 

自分でコードを書いてプログラム可能なウェアラブル端末

プラットフォーム「watchX」は、量産化を目指して

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。

https://www.indiegogo.com/projects/watchx-wearable-development-platform-arduino/

 

出典:自分でプログラムできるArduino/Scratch互換のスマートウォッチ「watchX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. ランチパックなどのおなじみの商品を本物そっくりに描くアーティスト、polkaさんさんによる作品がSN…
  2. 松村邦洋が30.6キロのダイエットに成功した。現在放送されている『ライザップ』のCMに80キロの…
  3. 電車に乗りながら何かを食べた経験はありませんか? 飴やガムなどは日常茶飯事ではありますが、ふと、おに…
  4. インターネットの普及などによりテレビ離れが進む昨今だが、ヒマなときはついついテレビを見てしまうことも…
  5. 神戸市内で任侠山口組の織田絆誠代表が山健組の襲撃を受けた事件で、「あれっ?」と首をひねった人もいるだ…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 人気YouTuberのヒカルが、きょう4日より無期限で活動を休止することになった。所属事務所「VAZ…
  2. 気象庁によると大型で強い台風18号は16日、東シナ海の海上をゆっくりとした速度で北東に進んでいる。1…
  3. 出典:HUFFPOST:メルカリで読書感想文が数百円で買える 母親「一緒にやる時間がない」 夏休み…
ページ上部へ戻る