<著作権使用料>経営者、JASRACと和解へ 高松地裁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

◇「JASRACは納得いく説明を」

 著作権の発生する楽曲をバーで流しながら著作権使用料を約10年間支払わなかったとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、高松市内の男性経営者を相手取り、約7万円の使用料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、高松地裁(浜優子裁判官)であった。男性は使用料を支払い、和解に応じる方針を示した。

 訴状などによると、男性は2007年9月ごろから約10年間にわたり、店内でBGMとして楽曲を無断で流したとしている。弁論で男性は「楽曲を店内で流したことに間違いはない」として争わない意向を示した。

 協会側は無断使用停止を求める民事調停にも男性が応じなかったため、全国で初めての提訴に踏み切った。次回弁論は10月11日で、和解成立の見込み。

 男性は弁論後、取材に応じ「集められた使用料がどこに流れているかなど分からないことが多い。JASRACは誰もが納得いく形で支払えるよう、きちんと説明してほしい」と話した。【山口桂子】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. スポーツ報知 9/2(土) 13:05配信 公式戦初の連敗を喫し、ガックリとうなだれる藤井聡太四段…
  2. ロボット技術が進化し、様々なロボットが制作され 現場で活躍することが多くなっている現在。 &nb…
  3. 新学期が始まりました。夏休みならではの体験を経て、お子さんの成長を実感している保護者も多いことで…
  4. イタリアの世界遺産・ピサの斜塔で撮影した 一枚の写真が米ソーシャルサイト・reddit に投稿さ…
  5. 大手携帯各社から新モデルの発表もあり、今期もまたいくつかの新しいスマートフォンがリリースされます。 …
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 祝20しゅーねん! たまごっち」の育つキャラクター一例 株式会社バンダイは15日、たまごっ…
  2. 誰もが人生で1度は夢見る結婚式! 疑似体験できる挙式VRが、9月21~24日 「…
  3. たばこメーカーにとって寝耳に水だった。「たばこ税の議論は毎年のことだけど、急に加熱式をやり玉に挙…
ページ上部へ戻る