東大教授らがブラックホールの起源を解明 世界初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宇宙にあるブラックホールのなかでも最大級の質量を持つ「モンスターブラックホール」はどうやって誕生したのか。東京大学の教授らのグループが世界で初めて解明しました。

 モンスターブラックホールは、無数にあるブラックホールのなかでも太陽の10万から100億倍の質量を持つとされる最大級のものです。東大の吉田直紀教授らの研究グループは、宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールについて、中規模のブラックホールが数億年かけて成長することをスーパーコンピューターの計算を使って解明したということです。アメリカの科学誌「サイエンス」の電子版で発表しました。宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールの起源を巡っては、天文学者の間で長い間、謎とされていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. フジテレビ系の人気TVアニメ「ドラゴンボール超」(日曜・前9時)でブルマ役を演じた声優・鶴ひろみさん…
  2. 出典:写真AC 日々の生活で迷ったすることはありませんか? 例えば・・ ・お店…
  3.  驚きの「おせち料理」が登場しました。  「こちらのおせち、お重が21段と、高さ117センチありま…
  4. インターネットの普及などによりテレビ離れが進む昨今だが、ヒマなときはついついテレビを見てしまうことも…
  5. 朝食によく出てくる、あるものが文房具に なっているので紹介します。 何だと思いま…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. (CNN) イタリアの高級スポーツ車メーカー、フェラーリの「365GTB/4」シリーズのうち、世界に…
  2. 出典:松屋、楽天で出前サービス開始 都内6区で 9月11日からフードデリバリーサー…
  3. イタリアの世界遺産・ピサの斜塔で撮影した 一枚の写真が米ソーシャルサイト・reddit に投稿さ…
ページ上部へ戻る