東大教授らがブラックホールの起源を解明 世界初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宇宙にあるブラックホールのなかでも最大級の質量を持つ「モンスターブラックホール」はどうやって誕生したのか。東京大学の教授らのグループが世界で初めて解明しました。

 モンスターブラックホールは、無数にあるブラックホールのなかでも太陽の10万から100億倍の質量を持つとされる最大級のものです。東大の吉田直紀教授らの研究グループは、宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールについて、中規模のブラックホールが数億年かけて成長することをスーパーコンピューターの計算を使って解明したということです。アメリカの科学誌「サイエンス」の電子版で発表しました。宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールの起源を巡っては、天文学者の間で長い間、謎とされていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 電磁パルス攻撃は「現実の脅威」  「一発の核爆弾が我が国上空のはるかな高さで爆発することで、電力供…
  2. スマートウォッチは時計としての機能はもちろんのこと、 スマホと連携させ、電話やLINEの通知の確認…
  3. 最後まで何かあるかわからないのがスポーツ。 珍プレーやスーパープレイが飛び出すかもしれない、それは…
  4. 朝食によく出てくる、あるものが文房具に なっているので紹介します。 何だと思いま…
  5. ファミリーレストラン大手のロイヤルホールディングスは6日、飲食代の支払いをクレジットカードや電子マネ…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 気象庁によると大型で強い台風18号は16日、東シナ海の海上をゆっくりとした速度で北東に進んでいる。1…
  2. 【ニューヨーク=有光裕】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は14日、任天堂と米映画大手ユ…
  3. ハーゲンダッツが9月9日に渋谷MODIで 無料のサンプリングイベント 「「パンプキン男子 VS …
ページ上部へ戻る