東大教授らがブラックホールの起源を解明 世界初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宇宙にあるブラックホールのなかでも最大級の質量を持つ「モンスターブラックホール」はどうやって誕生したのか。東京大学の教授らのグループが世界で初めて解明しました。

 モンスターブラックホールは、無数にあるブラックホールのなかでも太陽の10万から100億倍の質量を持つとされる最大級のものです。東大の吉田直紀教授らの研究グループは、宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールについて、中規模のブラックホールが数億年かけて成長することをスーパーコンピューターの計算を使って解明したということです。アメリカの科学誌「サイエンス」の電子版で発表しました。宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールの起源を巡っては、天文学者の間で長い間、謎とされていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日テレ ヒルナンデス!新アシスタントに①梅澤廉アナ決定! 水卜麻美…
  2. スポーツ報知 9/2(土) 13:05配信 公式戦初の連敗を喫し、ガックリとうなだれる藤井聡太四段…
  3. 米Twitterは11月3日(現地時間)、予告していたTwitterルールの改定を実施した。新しいT…
  4. ソフトバンクのCMといったら白戸家。 上戸彩さん、樋口可南子さん、ダンテ・カーヴァーさん、 海斗…
  5. 創刊者で自らもその生き様を体現したヒュー・ヘフナーが91歳で死去した 米男性誌「プレイボーイ」を創…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. ヤフーは8日、オークションサービス「ヤフオク! 」のガイドラインを改定し、転売目的で入手したチケ…
  2. 開店当日の朝、ヤマダ電機の山田昇会長は店舗を担当する三嶋恒夫副社長に電話で檄を飛ばした。「客数は改装…
  3. アルジェリア代表のラバー・マジェール監督が見せた「ブチ切れ」が話題になっている。仏紙『レキップ』など…
ページ上部へ戻る