東大教授らがブラックホールの起源を解明 世界初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宇宙にあるブラックホールのなかでも最大級の質量を持つ「モンスターブラックホール」はどうやって誕生したのか。東京大学の教授らのグループが世界で初めて解明しました。

 モンスターブラックホールは、無数にあるブラックホールのなかでも太陽の10万から100億倍の質量を持つとされる最大級のものです。東大の吉田直紀教授らの研究グループは、宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールについて、中規模のブラックホールが数億年かけて成長することをスーパーコンピューターの計算を使って解明したということです。アメリカの科学誌「サイエンス」の電子版で発表しました。宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールの起源を巡っては、天文学者の間で長い間、謎とされていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. ハイパーミッドナイトアクションホラーアクション牙狼<GARO>。 スピンオフ作品も含め数々のシリー…
  2. スーパーカブ110(バージンベージュ) 本田技研工業は、小…
  3. たばこメーカーにとって寝耳に水だった。「たばこ税の議論は毎年のことだけど、急に加熱式をやり玉に挙…
  4. 出典:AKB渡辺麻友、"恋愛禁止"10年守り「人として大切な何かを失った」 11月…
  5. 人気YouTuberのヒカルが、きょう4日より無期限で活動を休止することになった。所属事務所「VAZ…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 甲子園の熱い夏が終わりました。そのグラウンドを見つめ続けた一人の男の涙が、多くの人の心を捉えたことを…
  2. 度々巻き込まれる、ご近所トラブル。 騒音、ペットの鳴き声、ゴミ屋敷、 違法駐車な…
  3. ◇「JASRACは納得いく説明を」  著作権の発生する楽曲をバーで流しながら著作権使用料を…
ページ上部へ戻る