「プレイボーイ」を創刊した男と美女たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
創刊者で自らもその生き様を体現したヒュー・ヘフナーが91歳で死去した

米男性誌「プレイボーイ」を創設し、そのブランド力でアメリカのエンタテインメント業界を牽引した伝説の男、ヒュー・ヘフナーが27日、ビバリーヒルズの「プレイボーイ・マンション」で死去した。91歳だった。

 

ヘフナーは27歳だった1953年にプレイボーイの創刊号を発刊。アメリカがピューリタニズム(潔癖主義)と社会規範に縛られていた時代に、グラビアで女性のヌード写真を掲載する。常識破りの「セックス革命」を成し遂げた。

プレイボーイ・エンタープライズ社によると、現在プレイボーイは世界20以上の国で販売され、バニーマークの商標は年間10億ドル以上の収益を上げている。

ヘフナーは、これまでウォルト・ディズニーや映画『市民ケーン』といった時代の先駆者と並び称されてきたが、ニューヨーク・タイムズ紙は追悼記事で、ヘフナー自身が「(プレイボーイブランドの)1つの商品」だったと評している。

ビバリーヒルズの豪邸「プレイボーイ・マンション」でプレイメイトの女性たちや有名人、奇抜な人々を集めて贅沢三昧のパーティーを催し、ラフなシルクのパジャマ姿で登場したり、スモーキングジャケット(タキシードの一種)で決めたりしたが、常に洗練されたイメージは崩さなかった。

「プレイボーイ」を地で行く派手な私生活も常に話題で、2013年のインタビューではそれまでベッドを共にした女性の人数について「多すぎて正確な数はわからないが、1000人は確実に超えている」と語っている。また86歳だった2012年に、60歳年下の元プレイメイト、クリスタル・ハリスと結婚して注目を集めた。

プレイボーイの世界観を貫いた男ヘフナーを写真で振り返る。

ロバート・バレンシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. ポテトチップスはお好きですか? 種類も豊富で、お値段の割に沢山食べれてコストパフォーマンスも抜群。…
  2.   「美しすぎる女性レフェリー」として話題のカロリーナ・ボヤール。ポーランド出身の20歳だ。写真は…
  3. 任天堂ゲーム機「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」が 販売され、注目を浴びている中ネッ…
  4. 1990年に公開された「IT/イット』で、 世界中にトラウマを植え付けた、殺人ピエロの ペニーワ…
  5. スマートウォッチは時計としての機能はもちろんのこと、 スマホと連携させ、電話やLINEの通知の確認…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. かつての職場の上司から誘われ  「おれおれ詐欺」など特殊詐欺の刑事裁判で、被害者から通帳・キャッシ…
  2. 甲子園の熱い夏が終わりました。そのグラウンドを見つめ続けた一人の男の涙が、多くの人の心を捉えたことを…
  3. 資源エネルギー庁が8日発表した全国のレギュラーガソリンの平均価格(6日時点、1リットルあたり)は、前…
ページ上部へ戻る