白井健三 個人総合で銅メダル!体操世界選手権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

◇体操・世界選手権(2017年10月5日 カナダ・モントリオール)

 体操・世界選手権の男子個人総合決勝が5日、カナダ・

モントリオールで行われ、白井健三(21=日体大)が

合計86・431点で銅メダルを獲得した。

 

肖若騰(中国)が86・933点で初優勝した。

 得意の床運動と跳馬で高得点を叩き出し、

トップと0・650点差の3位で最終種目の鉄棒へ。

2日の予選では屈身コバチで落下したが、

決勝では大きなミスなくフィニッシュ。

 

両手でガッツポーズを繰り出し、笑みを浮かべた。

 予選で6連覇中だった内村航平(28=リンガーハット)

が左足首を負傷。

 

鉄棒の演技前に棄権を決断したキングはフロアを

降りる前に白井の背中を叩き、思いを託していた。

「言葉なきメッセージ。全てをあれで伝えてくれた。

航平さんには安心して上から見ていてほしい」と

話していた白井は、観客席で応援した内村へ好演技を届けた。

 13年に初めて世界選手権に出場し、種目別の床運動で

日本史上最年少となる17歳で金メダルを獲得した。

 

団体総合金メダルに貢献した昨年の

リオデジャネイロ五輪までは床運動、跳馬のイメージが強かったが、

今年に入って6種目の個人総合でも一気に台頭。

 

5月のNHK杯では優勝した内村と接戦を演じていた。

 07年大会以来、10年ぶりに内村不在だった個人総合決勝。

 

大会前、内村は白井について

 

「今後もう少し難度を上げれば世界を獲れる」と話していた。

 

今大会のメダルで、世界一を狙えるポテンシャルをあらためて証明。

20年東京五輪へ、オールラウンダー白井の輝きが増していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 10月3日~6日千葉・幕張メッセにて開催される 多分家電見本市「CEATEC JAPAN 2017…
  2. よく見慣れた景色でも、ひとたび視点を変えれば、違ったものに見えてくる。ランバラックさん(Rambal…
  3. サーモンの切り身を買ってきて、直火かオーブンで焼き始めると、表面に白いものが浮き出てくるのを見たこと…
  4. ポテトチップスはお好きですか? 種類も豊富で、お値段の割に沢山食べれてコストパフォーマンスも抜群。…
  5. 一般企業はもとより、マスコミ関係でも経費削減の波は容赦なく押し寄せているようで…。テレビ業界の中の人…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 「タトゥーは医業である」とする大阪府警が突然の摘発 彫り師として5年間、自宅兼スタジオで働き生計を…
  2. 銀座の寿司店を中心に職人歴20余年になる北野稔さんが5年前に独立。毎日築地に通って仕入れるネタは国産…
  3. 今冬発売を予定のPS4専用 「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」 の発売に先駆け、9月…
ページ上部へ戻る