イライラをコントロールできる!?怒りを管理する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

仕事や人間関係、要因は沢山あって日々の仕事の

イライラ溜まっていませんか。

プライベートでもイライラは溜まってしまうもの、解消するのは

そんなイライラをコントロールするマネジメントするスキ

 
『アンガーマネジメント』
 
が注目され始めています。
 

日本ではあまり馴染みはないのですが、
アメリカでは1970年代から始まり心理教
育の一種として紹介されました。
 

会社員やスポーツ選手など様々な職業の人
々が、より良い生活や仕事、人間関係
を手に入れるために『アンガーマネジメ
ント』を学んでいるとのことです。
 

企業側では新人研修にも取り入れられて
いるところも、あるそうです。
 

『アンガーマネジメント』というのは簡
単に言いますと
 
『自分のイライラや怒りの感情をコントロ
ールして、イライラと上手に付き合う心理
トレーニング』
 
のことを言います。
 

注意していただきたいのは、ここでの
 
マネジメントは”上手に付き合う”という意
味になります。
 

誰でもそうですが、人は怒りの感情を感
情に取り除くことはできません。
 

このアンガーマネジメントの目的は
 
『自分自身で感情をコントロールして、
怒りの感情に振り回されないようにする』
 
ということです。
 

ではイライラと上手に向き合っていくに
はどうしたらいいのでしょうか。
 

怒りが起こる背景には「コアビリーフ」
というものが関係してます。
 

コアビリーフとは”自分自身が正しいと思
っている信念や価値観”のことを指します。
 
例えば、目上の人に敬語を使う。
 

この出来事は自体では怒りを生み出しません。
 

ですが、自分の価値観に照らし合わせたときに、そぐわないことがあるから、怒りが生み出される仕組みとなってます。
 

この「コアビリーフ」は誰しも持ってい
ますが、それは自分しか分かりません。
 

人によって同じことでも、怒る人、怒らない人がいるからです。
 

まずは自分の「コアビリーフ」を知ると
ころからスタートすることが大切になり
ます。
 

どうやって「コアビリーフ」を知ればいいでしょうか。
 

自分が怒りやイライラを感じたときに、
どのようなときに感じたのか、自分の怒
りまたはイライラのレベルはどれぐらい
かをメモします。
 

このことを「アンガーログ」といいます。
 

メモを取っていくことで、自分がどんな
ときに怒りまたはイライラを感じたか、
見返すことで把握できるようになってき
ます。
 

それを客観的に見ることで、自分の考え
や対応方法の対策がとれるようになって
いきます。
 

最近”イラッとすることが増えてきたな”
と思った方いたら、一度『アンガーマネ
ジメント』を試してみてはどうでしょうか。
 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 9月12日に江崎グリコはチョコレート菓子 「Bitte(ビッテ)」と人気漫画 「ベルサイユのばら…
  2.   モバイルバッテリーが周辺機器を取り扱う Ankerから8月14日(月)に …
  3. JR夜行高速バス「ドリーム ルリエ」が大阪の街ナカを走行。横山由依さんと山本 彩さんが乗車しました。…
  4. いつもランチはどこで食べてますか。 毎日通い慣れたお店で、お気に入りのランチ…
  5. [ニューヨーク 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - デンマークの玩具メーカー、レゴ・グ…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. 関東初上陸で面白い容器に入ったドリンクが、 2017年9月12日が発売となった。 …
  2. アウトドア・レジャーで活躍するテント、 ここ数年では自宅でネットカフェの気分を味わえる一人用のテント…
  3. 誰もが人生で1度は夢見る結婚式! 疑似体験できる挙式VRが、9月21~24日 「…
ページ上部へ戻る