「美しすぎる女性サッカー審判」が話題! 美貌がキャリアアップの武器に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
「美しすぎる女性レフェリー」として話題のカロリーナ・ボヤール。ポーランド出身の20歳だ。写真は本人のインスタグラムより
 

かつてサッカー界のレフェリーと言えば、その大半が男性だった。しかし昨今は女子サッカー界のみならず、男子サッカー界でも女性審判が台頭。今シーズンはドイツ人のビビアナ・シュタインハウスが、9月10日のヘルタ・ベルリン対ブレーメン戦で歴史的なブンデスリーガ1部デビューを飾った。
 
 そんな中、最近あるひとりの女性レフェリーが世界中で話題となっている。ポーランド人の20歳、カロリーナ・ボヤールだ。スペイン・メディア『90min』は、ポーランドの下部リーグで審判を務める彼女は、「信じられないほど美しい」とべた褒め。ここにきてインスタグラムのフォロワーは増え続け、今では7万8000人を超えている。
 
 そのインスタグラムを覗いてみると、たしかに息を飲むほど美しい彼女。リバプールなどで活躍した同国の伝説的GKイェジー・デュデクとの2ショット、ドルトムントやバルセロナの試合を見にいった際の写真などがアップされている。プロフィール欄には、「フットボール・レフェリー」、「ランナー」「ロースクール」と書かれており、法科大学に通う傍らで審判も務めているようだ。
 
 この“美しすぎる女性レフェリー”の夢は、シュタインハウスのように男性サッカーのトップリーグで笛を吹くこと。そのうえでは、自身の美貌が役に立つと考えているようだ。英紙『ミラー』によると、ポーランドのインターネットチャンネル『TVN24』で彼女はこう語ったという。
 
「私たち女性には自然な魅力があり、それが緊迫した試合に落ち着きをもらたすことがあるわ。私のルックスは、一般的に男性受けがいいの。サッカーでは攻撃的な振る舞いが多いけど、楽しく快適な試合にするために、この美しさが助けになる。私は選手たちと同じ目線でコミュニケーションを図り、対等な関係を作ろうとしているわ」
 
 はたしてボヤールさんは、女性ならではの魅力を武器に、サッカー・レフェリー界に新たな風を吹かせることができるのだろうか。要注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 出典:AKB渡辺麻友、"恋愛禁止"10年守り「人として大切な何かを失った」 11月…
  2. フジテレビのニュースメディア「ホウドウキョク」がリニューアル1周年を記念して、新感覚のニュース漫画「…
  3. ファミリーレストラン大手のロイヤルホールディングスは6日、飲食代の支払いをクレジットカードや電子マネ…
  4. 電車に乗りながら何かを食べた経験はありませんか? 飴やガムなどは日常茶飯事ではありますが、ふと、おに…
  5. アウトドア・レジャーで活躍するテント、 ここ数年では自宅でネットカフェの気分を味わえる一人用のテント…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ピックアップ記事

  1. Copyright ©2017 NISSIN FOODS HOLDINGS CO.,LTD. All…
  2. 出典元:alegria(アレグリア):2018 FIFA ロシアワールドカップ アジア最終予選組み合…
  3. コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。  人…
ページ上部へ戻る